使用法を確認

アダプターと差込口

電気代を削減するための手段の一つ

電子ブレーカーと一般的な熱感知式ブレーカーのもっとも大きな違いは、許容範囲以上の電流が流れたときの対応の仕方です。 一般的な熱感知式が熱によって作動するのに対し、電子ブレーカーは電流値をデジタル数値で感知し、JISが定める許容範囲最大まで利用できるようプログラムされています。 ブレーカー(開閉器)が遮断されることで設備や配線を保護するのが主目的ですが、電気の供給が止まることで危険な機械類や設備がある場合、ブレーカーが飛ばないよう、予め大きめの容量のブレーカーを使用するのが一般化しています。 ただし、電子ブレーカーの使用には向き不向きの場所があります。一般的に、マンション共用部、工場、事業所、ガソリンスタンド、クリーニング店など動力200Vの電力料金削減が可能なところになります。 実際に電子ブレーカー導入で電力料金が削減されるかどうか確認したうえで購入できるような業者を選ぶことが重要です。 これにより、高い電気基本料金を支払うことに結びついています。

現在の動向と今後の傾向

電子ブレーカーは、地域の電気販売店で扱っていることはありません。専門業者が調査、見積りから設置まで一括で行うというのが一般的です。 導入により電気料金の削減効果や費用対効果の確認が容易な商品ですが、すでに述べたように、導入に向いている場所とそうでない場所があります。 電力会社が事業などと結ぶ契約容量には二種類あります。電子ブレーカーの導入により、より安価なブレーカー契約を選択できるようになります。 実際、事業所における電気料金には身に見えない無駄がたくさんあります。電子ブレーカーを導入することで、実際の電気料金を削減すると同時に、節電意識をより高く持つことで、全体の電気料金の削減にもつながるはずです。 このような観点から電子ブレーカーの導入を検討していくことが今後は望まれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加