需要が高まる

ケーブル

自作PCの現在の状況

自作PCの最大の利点は、自分好みのパソコンを持つことが出来ることにあります。パソコンが普及し始めた時代から、ユーザーはパソコンが少しでも快適な動作をするように試行錯誤を重ね、パーツを購入するなどしてオリジナルのPCを製作してきました。これが現在まで続く自作PCの源流となっており、現在でも自作PCが作られる理由です。一方で、最近はメーカー販売のパソコンの性能が向上し、既製品でもそれなりのスペックを持つようになったことや、価格が自作でパーツを買いそろえるための費用と大して変わらなくなってきたこと、パソコン並みの性能を持つタブレットが注目されるようになったことから、自作PCを作ろうとする人の数は減りつつあります。

「長く使えるパソコン」となるか

現在、自作PC業界は向かい風の状況となっていますが、自作PCには独自の持ち味である「理想のパソコンを作れる」という点と、「非常に高い拡張性をもつ」点があります。オンラインゲームや映像の加工をするためにグラフィックに特化したパソコンを作る事も、ネットサーフィンもさくさくこなせる高メモリパソコンを作る事も、機能を抑えて非常に安いパソコンを作る事も、自作PCであれば可能です。また、故障した場合は故障した部分のみパーツを買い替えて、他の部品は次のパソコンに使いまわすといったことも可能なので、長期的に見れば安い値段でパソコンを持つことも可能です。これらの点から、自作PCを持とうとする人は、今後衰退することはあっても、なくなることは無いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加